あやぴーの成長日記

マントンのレモン祭り他

2009-02-26::Aya

朝一番、電車に乗ってマントンのレモン祭りに行ってきた。
最初に見つけた入場口でチケットを買って中に入る。
平日ながらもそれなりの人出だったが、週末に比べるとやはり空いている。
あやぴーと一緒にレモンとオレンジで作られた彫像を見て周った。
「去年より小さいね。」とあやぴー。確かに年々彫像が小さくなっている気がする。
果物の値段が上がっているからかな。。。




(あやぴーが一番気に入ったのはこれ。ニューオリンズの蒸気船だそうです。)



(その次に気に入ったのはマントンの音楽学校の生徒達が植えたという野菜畑。)





(野菜の中に楽器が入っているのがカワイイ!)



全て見終わったところで会場を出た。まだお昼ご飯まで時間があったので、
旧市街にあるジャム屋さんをのぞくことにした。製造過程を見学させてもらったのだが
なかなか面白かった。女性が二人いて、一人はオレンジの皮と種を取る作業、
もう一人はバラの花から花びらを取る作業をしていた。自分がジャムを作るときと
あまり変わらない様子に驚いた。瓶詰めのデモンストレーションもあった。
今は器械を使って瓶詰めをするのだそうだが、器械自体が小さい上に、
全てオートメーションなのではなく、人の手が加わる。ほのぼのした感じだった。

ジャム屋さんを出た後、マントンの名物菓子という「fougasse mentonnaise
(フーガス・マントネーズ=マントン風フーガス)」を購入してから道を戻り、
レモン祭りの会場の近くにあるイタリアンカフェに入った。

ランチは簡単にパニーニ。あやぴーはハム、モッツァレラチーズ、キノコ入り、
私は生ハムとモッツァレラ、バジル入りのパニーニにした。
久しぶりのパニーニに二人とも感激!わしわし食べた。
食後のデザートはパスして、私はカプチーノを飲んだ。
あやぴーに泡をすくってあげたら大喜び。二人で交代しながら泡を食べた。(笑)

「じゃ、そろそろ帰ろうか。」とあやぴー。
駅に向かうと、次の電車までまだ30分あったので、近くの市場をのぞくことにした。
AB(Agriculture Biologique/アグリクルチュー・ビオロジック=
無化学農薬栽培)と書かれた白と緑の看板を掲げているお店があったので
見てみることにした。あいにく野菜はあまりなかったが、レモンとレッドオレンジを
購入した。それから、あやぴーの希望で鉢植えの花を見ることにした。
色々迷った結果、紫色の桜草を2つ買うことにした。
エコバック持ってきてて良かった。。。(笑)

家に帰ってきてから、少し休憩し、それからあやぴーと二人でお庭に出た。
生ゴミを埋めてから、買って来たばかりの桜草を植えた。
水やりのついでに、他のお花や畑の野菜にも水をやった。

ここのところお庭にあまり出ていなかったが、プルーンの木が花をつけていたり、
野生のスミレが咲いていたり、水仙がもう少しで咲きそうだったりと
春の訪れを感じてうれしくなってしまった。

庭仕事を終えた後、あやぴーとそのままお庭でバドミントンをした。
良い汗をかいた。

その後、近所のオーガニックスーパーに買い物に行って、家の掃除。
それから夕飯の支度。何気にハードな一日だった。(笑)